2018年05月19日

6月3日 BRIDGE WBCムエタイルールプロワンマッチ セミファイナル ティーヤイセンモラコットインタビュー

IMG_4130.JPG
アマチュアキックボクシング大会として今年で16年目を迎えるBRIDGEが、今回6月3日(日)日本ガイシプラザ第三競技場にて初のWBCムエタイルールプロワンマッチを行います。
記念すべき第1回大会でセミファイナル日泰国際戦、RKAスーパーバンタム級チャンピオンダイナマイト柿崎と対戦する百戦錬磨のムエタイ戦士ティーヤイセンモラコットのインタビューです。
ラジャダムナンスタジアムを主戦場に7歳でデビューし19歳で一線を退くまで110戦70勝(9KO)34敗6分というキャリアを誇るティーヤイセンモラコット。
今回10年ぶりの復帰戦を日本で行うという事でタイから両親や友人が応援に駆け付けるとのことです。
この試合、セミファイナルとなってますが今回アマチュア大会後のプロワンマッチ2試合と言うことで、この試合がBRIDGE WBCムエタイルールプロワンマッチのスタートとなる記念すべき第1試合と言うことになります。
ちなみにインタビューはタイ語を日本語に訳したものです。
「10年ぶりの試合と言うことで全力で練習しています。対戦相手のダイナマイト柿崎選手は強い選手だと思いました。ジムの所在地である名古屋での試合なので勝ちたいです。特に特別な気持ちはなく今までの試合と同じ気持ちです。今後のことはまだわかりませんが今回チャンスを頂いたので良い試合がしたいです。
柿崎選手、全力で来てください!!いい試合をしましょう!!
名古屋の皆さん、頑張りますので応援よろしくお願いします。」

posted by bridge at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | BRIDGE情報